葬儀と告別式の意味

葬儀は故人をこの世からあの世へ送る儀式で、遺族や近親者で営みます。
告別式は友人や知人が故人とお別れをする場です。
最近では葬儀・告別式としていっしょに行われるのが一般的とむらで、故人を弔うだけでなく、遺族が参列者にお礼の気持ちを表す場ともなっています。

仏式葬儀・告別式

仏式葬儀・告別式の進め方は宗派によって異なります。

事前に僧侶、葬祭ディレクターと段取りを決めておきましょう。

①喪主・遺族入場、着座
②導師入場、着座
③全員合掌
④開式の辞(司会者)
⑤読経
続いて告別式に移ります。
①弔辞・弔電披露
②読経
③遺族・近親者の焼香
④一般焼香
⑤お別れの儀(棺に献花など)
⑥葬儀委員長謝辞
⑦遺族代表あいさつ
③導師退場
⑨出棺

弔辞・弔電の扱い方

弔辞は故人の友人などにお願いします。
人数は葬儀社の担当者とよく打ち合わせましょう。
火葬の時間との兼ね合いもあり、最近は省くこともあります。
弔電の披露は、多数なら10~15通程度に絞り、代表して5通ほどを奉読します。
順序は会社関係者、社会的地位の高い方を優先することが多いようです。
奉読できなかった弔電はお名前のみを紹介します。

弔電

神式の葬場祭

神式の葬儀・告別式は一葬場祭」といいます。
葬儀を旅立ちの儀式とする仏式と違い、死を「被れ」と見る神式では、葬儀を神社で行うことはなく、自宅か斎場で行います。
葬場祭が始まる前、参列者は手水の儀を行って手と口を洗い清めます。
手を清めるときには、水を3回に分けて注ぎます。
式の流れは下記のとおりです。

①手水の儀
②神官・遺族入場
③開式の辞
④修赦の儀
⑤献霞・奉幣
⑥斎主祭詞奉上
⑦弔辞・弔電
⑧玉串奉莫
⑨撤霞・撤幣
⑩神宮退場
⑪閉式の辞

キリスト教の葬儀・告別式

キリスト教式の葬儀は教会で行われ、神父や牧師が進行役を務めます。

ミサ、礼拝後の献花などが告別式にあたります。

〈カトリック〉
①祈祷
②聖歌合唱
③撒水、撒香
④祈祷・神父の追悼説教
⑤聖歌合唱
⑥弔辞・弔電
⑦遺族代表挨拶
③一般参列者の献花と聖歌

〈プロテスタント〉
①前奏
②賛美歌斉唱
③聖書朗読
④祈祷
⑤賛美歌斉唱
⑥牧師による葬儀の辞
⑦祈祷
⑧賛美歌斉唱
⑨弔辞・弔電

出棺の挨拶

あいさつの中に必ず入れたい内容

出棺時に、遺族が故人の遺影やいはい位牌を持って、会葬者にお礼のあいさつをします。
喪主、あるいは遺族代表者がしますが、次のような流れです。
①会葬のお礼

②故人が生前お世話になったお礼

③今後のお願いごと

④締めのあいさつ

といった要素が入っていることが大切です。

特にお世話になった場合

故人が長期療養し、何度も見舞いに来てもらったケースや、多くの方に励ましをいただいたケースでは、生前お世話になったお礼に加えて、

「入院中はお見舞いや励ましのおことばをいただき、改めて厚くお礼申し上げます」ということばを加えるといいでしょう。
ただし、「○○様には特別にお世話になった」などと、特定の方に対して名指しでお礼を言うのは、ほかの会葬者によい印象を与えないので、避けたほうが無難です。

出棺時のあいさつ例

出棺に先立ちまして、ひと言お礼のごあいさつを申し上げます。
本日は、お!忙しいところ、父(母)の葬儀にご会葬。
ご焼香たまわり、誠にありがとうございました。
またお署い中(お寒い中)、最後までお見送りくださり、故人も感謝していることと思います。
故人生前中はひとかたならぬご交誼。
ご厚情をいただき深く感謝申し上げます。
今後とも、残されました私ども家族に変わらぬご交誼をいただければ幸いでございます。
本日は、長時間にわたりましてのご会葬・お見送りいただき、ありがとうございました。
簡単ではございますが、これをもちまして出棺のあいさつにかえさせていただきます。

堺市立斎場