遺族は急いで弔問客を迎える準備をしましょう。

祭壇を設ける部屋を決める

自宅で通夜をする場合は蔦まず祭壇を置く部屋を決めてから家のなかの整理を始めます。
祭壇を設ける部屋は、弔問客が出入りしやすいように玄関近くの部屋を選びます。
ただし、祭壇は意外にスペースを取ります。
大きな部屋が用意できればいいのですが、難しいようなら障子やふすまなどの間仕切りをとりはずして、最低でも6畳の広さは確保しましょう。
祭壇を置くスペースがとれないときは、玄関や縁側に祭壇一を置いて、弔問客が庭や玄関先から焼香ができるように工夫するのもひとつの方法です。

葬儀 大阪29

控え室を用意する

子供たちや喪主、遺族の休憩用、僧侶が着替えをするための部屋が必要です。
控え室としてひと部屋用意しておきましょう。
どうしても部屋が確保できないときは、近所の親しい家に部屋を借りるお願いをしてみましょう。

 

集合住宅の場合には

マンションなどの集合住宅では、他の住人の迷惑にならない工夫が必要です。
廊下や階段が弔問客で混雑しないようE受付などの場所を近所で貸していただくか、または玄関に祭壇を置き、焼香がすんだら帰っていただくようにしましょう。
その際、通夜ぶるまいはできませんので、酒、折り詰めなどを渡します。

 

部屋の片付けのポイント

使う部屋が決まれば富ふすまや障子をとりはずし、さしあたって不要な家具や電気器具や、絵画や置物、生け花などの装飾品を別室に移します。
移動できない物や通夜にそぐわないコーナーは、葬儀社が用意してくれる白黒の幕でおおって隠します。

 

玄関・庭の片付けと準備

玄関先や庭、家の前の道路を掃除します。
自家用車や自転車、傘立てなどは人の出入りの邪魔にならない場所に移動し、鉢植えなども通夜の場にそぐわないので見えないところに移しましょう。
また遅い時間に到着する弔問客のために照明を明るくしたり、玄関を開けたままにしておくなどの気づかいも必要です。
冬は寒いので控え室を十分に暖めておきましょう。

 

玄関先に受付を設ける

受付は玄関先や門の前などに設置するのが普通ですが、場所がなければ道路に設けてもかまいません。
ただし、公道の場合は警察への届け出が必要となります。
受付には白い布をかけて「受付」と表示紙を貼った机を置き、弔問客の芳名帳、香典・供物の記帳簿、筆記用具、名刺入れなどを用意します。
ちなみに机やいす、記帳簿などは葬儀社が用意してくれます。
また、屋外に受付を設けるときはテントが必要となりますが、これもお願いをすれば葬儀社で用意してもらえます。

葬儀 受付

忌中の札を貼る

自宅葬であるなしにかかわらず、門や玄関など家の入り口には、不幸があったことを知らせる「忌中札」をかけります。
半紙に塁で「忌中」と書き、竹のすだれを上下逆にして吊してその中央に忌中札を貼りますが、地方によって多少しきたりか違います。

ただし、最近はしきたりの簡素化で忌中札を用いることが少なくなりました。
札を用いたとしてもすだれはほとんど使わず、葬儀社の用意する忌中の札を玄関にかけるだけというケースも増えています。
これは斎場で通夜を行うことが増えたために、忌中札をかけ家を留守にすると防犯上好ましくないという理由からです。

家族葬を希望される方は、札を貼るとご近所の方に気を使わせるという思いから、忌中札は貼らないご家族も増えています。

kityu-1

案内札を貼る

初めて喪家を訪れる弔問客のために、道順を知らせる指さし案内札を貼ります。
案内札には、喪家の家名、通夜・葬儀の日時など必要事項を記入して、最寄りの駅やバス停からでもすぐにわかるよう、道路の要所に貼ります。
計報を聞いてすぐに来られる方のために案内札はできるだけ早めに貼りましょう。
弔問客が多いとき、雨天の場合は、下足や雨具を預かる場所も用意しておく必要があります。

114

食器・筆記具の用意

葬儀に必要な喪脹や靴下、ハンカチなどの衣類、急須、湯飲み茶碗、皿、コップなどの食器類、筆記用具や座布団などをそろえます。
葬儀社に頼めばこれらのものは用意してくれますが、自宅の物を使うときには家具なとを移動する前に出しておきます。
夏なら扇風機、冬ならストーブなど、冷暖房の準備も忘れずに用意しておきましょう。

 

神棚・仏壇封じ

神棚は死の減れが入らないように扉を閉め、前面に半紙などの白紙を貼って神棚封じをします。
扉がない場合は、前面に白紙を貼り、ご神体を隠します。
白紙は遺族ではない第三者が貼るものとされてきましたが、最近では家の者が行うようになりました。
仏式でも仏壇の一扉を閉める宗派もあります。
神棚・仏壇封じは、仏式では四十九日の忌明けまで、神式では五十日祭まで続けることが多いようです。

 

遺影の手配

遺影に使う写真は故人か気に入っているものが理想的です。
最近は生前に遺影を撮っておく人も少しずつ増えているようですが、そうでなければ、できるだけ最近のもので正面を向いた故人らしい顔のものを選びましょう。
かしこまったものより柔らかい表情のほうが印象がよいようです。
写真を葬儀社に渡せば、ネガがなくても引き伸ばしてくれます。
そのほか、背景を消したり、カラー写真を白黒にすることもできます。
引き伸ばした写真は、額に入れて黒いリボンをかけ、祭壇に飾ります。

 

納棺の準備

葬儀社の指示にしたか唾遺族や親族が遺体を棺に納めて通夜の祭壇一に安置します。
きょうかたびらじゆず棺には経雌子や、数珠を入れますが、燃えにくいもの以外なら故人の愛用品を入れることができるので、左のリストを参考に、故人に持たせてあげたいものを準備します。

d4c1756470aadbdbdfeeae22a350b36b